女性の話し相手を2、3人作ったら性欲が減ってきたかもw

話し相手が欲しくなる

夜中に突然、話し相手が欲しくなることはありませんか?

私はあります。

セフレがいるので欲求不満というわけではありません。

それでも、夜中に寝る前などふとした時に話し相手が欲しくなるときがあります。

夏が終わり、秋の気配がして少し肌寒くなる季節には、より一層そう思うことが増えてきます。

彼氏がいない女性や、彼女がいない男性なら、そう思うのは自然なことだと思うのです。

テレクラに電話して抜く

話し相手が欲しいからといって、夜中に突然電話をされたら誰だって嫌がります。

それがセフレであろうと同じことでしょう。

なので私はテレクラに電話することにしています。

テレクラなら、たとえサクラであってもその場では楽しく会話ができるからです。

テレクラで会話をしていると、当然、下ネタにいき、結局はテレフォンセックスすることになります。

男と女が夜中にする話といったらほかにないですよね。

こうして結局、電話エッチ、つまりオナニーするのが常です。

虚しさが残る

電話エッチは悪いことではありませんが、終わった後に虚しさが残ります。

それは女性も同じことではないでしょうか。

一人エッチをしても、している最中は気持ちいいですが、終わった後に虚しさに襲われます。

結局、しないほうがよかったんじゃないかとすら思うこともあります。

性欲が収まらない

しかも、肝心な性欲も収まるわけではありません。

抜いてもすぐにまたやりたくなるのです。

つまり、電話エッチというのはあくまで一時の逃避のようなもので、根本的な解決にはなっていない気がするのです。

純粋に会話を楽しむ

じゃあ結局なにがしたいのか。

それは、会話です。

純粋に誰かと話がしたいのです。

話し相手を作ると性欲も収まる

こうしてネットで話し相手を探してみると、色々なサービスが見つかりました。

例えば、こちらに紹介されている「話し相手サービス」などです。

こうしたサービスは人にもよりますが話し相手が欲しいという人の解決策になるのではないでしょうか。

2017年3月29日未分類


PAGE TOP