21歳の女子大生とセフレになってやりまくった話

今回の「セフレとのエッチでおいしい体験談」は、クニさん(25歳 男性 中部 会社員)からの投稿です。

クニさんは数多くの出会いをこなしてきました。
必ずしも当たりばかりではなかったようですが、その中で当たりのエッチ体験談を教えてくれました。
女子大生とセフレに

今までも何人とも会ってきたけど、やはり当たり外れはどうしようもない。

これがばかりは数をこなすしかないだろう。

そんな中で当たりを引けたときのことを投稿してみます。

女子大生を喰った

出会ったのは去年の夏。

21歳の女子大生のマキコ(仮名)だ。

メールの段階でお互い既にノリノリだったので、この女は簡単に喰えると思っていた。

実際に会ってみると、胸は小さいが顔は充分に及第点。

出会い系使う必要ないんじゃね?と思うってしまうような子だった。

2人で軽く飲みに行き、酔いも大分まわってきたころにホテルへ連れ出す。

最初は恥ずかしがっていたが、酔いも手伝ってすぐにイチャイチャモードへ。

胸は思ったとおり小さかったが、締りのいいあそこには驚いた。

その日だけで4回はやったかなw

それからはあいてる日をみつけてはマキコと会っている。

でもそろそろ次も探そうかな~。

投稿ありがとうございます!
女子大生とセフレだなんてうらやましいですね!
ですがそこまで色んな外れに会ったことも会ったでしょう。
良いセフレ探しにはチャレンジを続けることが大事なんですね。

2017年10月24日20代, 名器, 女子大生, 貧乳


PAGE TOP