メンヘラ女とセフレになり、パイパンにさせています

今回の「セフレとのエッチでおいしい体験談」は、一樹さん(28歳 男性 中部 会社員)からの投稿です。

一樹さんはMという女性とセフレになりました。
ワガママな彼女を嫌がり関係を切ろうとすると彼女は泣いて嫌がり言うことを聞くようになりました。
そこで一樹さんがMさんに要求したことは・・?
メンヘラ女をパイパンに

Mの初体験は18の時でマネージャーをやっていたサッカー部の子だそうです。

両親が居ない時彼の家でしたり、人気の無い外でしたことも有ったそうです。

その時は家に人が居てどうしてもやりたい彼に付き合ったみたいで、結構SEXは嫌いだとか言いながら、その時は卒業まで毎日に近い位やらせてたみたいです。

就職して愛知県の建設会社に入ってからもその彼との付き合いは続ていましたが、会社の用意したくれたアパートが二人用で週末彼が来て泊まっていく時も、ほとんどSEXを強要されるので嫌だったみたいです。

そのうちに拒むようになり、やりたいばかりの彼とうまくいかなくなったみたいです。

先輩とセックス

会社でも彼ともうまくいかないMはサッカー部の憧れていた先輩に電話で相談したら会うことになりました。

もともと憧れの先輩、Mにとってはデートみたいなもんです。

悩み苦しんでいるはずのMがその日のうちに先輩とホテルに行きSEXをしたのはMにとっては望んでいたことだったみたいです。

少しポッチャリタイプのMのオッパイはFカップランクです。

その先輩がそのオッパイに興味があったかどうかわかりませんが、Mはかなり自信を持っていたにもかかわらず二度とデートの誘いは無く、彼を裏切り先輩とSEXした事実だけが残ってしまい、ますます悩む日々が続くはめになってしまったMです。

このまま彼と付き合っていればOB会で先輩とも会う事になり、いつかそのことが彼の耳に入るかもしれないからです、

Mとの出会い

でも今彼と別れると誰も自分の廻りから居なくなってしまうことが不安でたまらなかったみたいで、どうして良いかわからず苦しんでいる時に私との出会いがあったのです。

私と会ってから早く今の現状から逃げたいMはSEXするまでの早かった事は言うまでもありません。

MはSEXが嫌いだとは言っていましたが、男を繋ぎ止めておくのもSEXしかないと思っていたからです。

私とセフレの関係になって、とりあえず不安から解消されたMが本来のわがままな性格になるのも時間の問題でした。

何度も嫌気がさし別れ話の度に泣いてすがり、許す代わりの要求も何でも受け入れるようになりました。

陰毛を処理

まず毛を全部剃る事にしました。

毛の多いMは剃りあげるのも大変でした尻の穴の周りにも生えていました。

ツルツルになったMのアソコは真っ赤でした。

それからは少し生えてきた時に痛いとかで、罰とかではなく剃ることが多くなりました。

Mは剃ってもらうのも私との繋がりを感じるときだったみたいで、抵抗なく何度も剃られていました。

メンヘラ女は多少めんどくさいですが馴れてしまえばセフレに最適です。

投稿ありがとうございます!
メンヘラ女性は大変そうですが、セフレになる可能性は高そうですね。
しっかり扱える度量があるならメンヘラ女性は狙い目です。
一樹さんのように上手く扱えると良いのですが。

2017年10月17日セフレ, パイパン, メンヘラ, 剃毛, 巨乳


PAGE TOP