セックスレスの人妻はセックスのお友達として最高の存在

今回の「セフレとのエッチでおいしい体験談」は、たむのさん(45歳 男性 兵庫県 会社員)からの投稿です。

たむのさんは、45歳の既婚男性ですが、人妻派遣社員さんから相談を持ちかけられ、ふたりで会うことに、、。
もともとタイプだった人妻派遣社員さんに泣きつかれて、たむのさんはぐらっときてしまいます。
そして、彼女とは割り切りの関係でイケると確信して、ホテルへ向かうのでした。

人妻派遣社員とのシックスナイン
人妻派遣社員とのシックスナイン

私には今、体だけの関係で繋がっている女性がいます。

私がもともと、企業のショールームで女性を束ねていく役割だった時に知り合った女性です。

人妻派遣社員さんと想定外の進展

当時、職場内での個人的なお付き合いはご法度だったので、彼女が派遣社員としての契約が終了した後のことです。

一緒に働いている時から好印象だったのですが、そもそも人妻ということもあり、必要以上の関係などもちろん想定していませんでした。

といいながら、彼女も含めて同じタイミングで契約が切れる方々の送別会の際にちょっとしたきっかけで進展がうまれました。

なにやら、結婚して一年にもならない旦那さんとうまくいっていないという話を本人から聞かされ、別の機会に相談に乗ってほしいと言うのです。

実際に彼女と別の機会に会うことになりました。

私は聞き役に徹していたのですが、彼女はお酒が入っていたこともあって泣き出す始末。

割り切りの関係と確信してホテルへ

実は彼女、見た目がかなり私好みの落ち着いたお姉さん雰囲気。

これで泣きつかれるとさすがにぐらっときてしまいます。

私が45歳、彼女は35歳。

今まで不倫の経験もないわけですが、旦那さんと別れるつもりはない。

けれど、今だけは誰かに寄り掛かりたいという雰囲気が伝わってきました。

ついついお店を出たあと、キスをしてしまいました。

この時すでに、彼女が家庭を壊すつもりはないから絶対にこじれることはないという確信がありました。

その日はそのままホテルに。

まとわりつくような人妻のカラダに大興奮

スーツ姿の彼女をシャワーも浴びないままベッドに押し倒して、首筋から唇をはわせ、シャツの間から彼女の程よい胸を揉みしだきながら、反応を見ることにしました。

その際の喘ぎ声をきいているだけでかなり大興奮。

片手をあそこに持っていくと、ゆっくりですが脚を開いてくれます。

ストッキングの上からでも濡れそぼっていることがわかるほどの状態。

ストッキングを脱がして、上半身はまだ、はだけている状態のまま、あそこを舌と指で愛撫を始めたのですが、そこで彼女が

「私もあなたのモノが欲しい」

とささやくのでシックスナインに。

初めてのベッドインでいきなりこれはちょっと恥ずかしいなと今なら感じますが、この時はそんなこともお構いなしでした。

それくらい、色白で程よい肉付き、さらに私が大好きな乳首もあそこもピンクでたまらなかったわけです。

シックスナインになったときの彼女の舌づかいもたまりません。

私の股間を余すところなく全て舐め回してくれるのです。

これは若い頃から今にいたるまで、素人の方との体験の中で、初めてのことでした。 

その日は結局、彼女のまとわりつくような体に大興奮し、2回してしまいました。

彼女は旦那さんとうまくいってなくて、結婚以来ほとんどセックスもないような状態だったのだそうです。

そこで、誰かに話を聞いてほしかったのと、私のように家庭を持っていてバレては困ると考える男性を探していたのではないかと思います。 

正直なところ、家庭を壊したくない私にとって彼女のようなかっこうの相手が現れるとは思ってもいませんでした。 

初めての夜から1ヵ月に2回は彼女と食事へ行き、ホテルで濃密な時間を過ごすようになっています。

あれから半年が経ちますが、旦那さんとは相も変わらず夜の夫婦生活は全く無いそうです。

私自身も彼女と体の相性が非常に良いこともあり、お互いにとって都合の良いこの関係をできる限り長く続けていきたいと考えています。

正しくはお互い都合の良いセックスフレンドとして、分別のある大人の関係を今後も続けて行けたら、お互いハッピーだなと感じている次第です。

こういった状態なら、まず誰かにバレることはありませんし、これからも体だけの関係でいたいと思うのです。

この関係は食事代の出費程度でお金もかからないので、正直、非常にラッキーだと言うしかありません。


投稿ありがとうございます!

やっぱり狙うはセックスレスの人妻ですね!
セックスに飢えてるからもちろんプレイは激しいですし、
家庭もあるので恋愛面で本気になることはまずないでしょう。


PAGE TOP